小学生コース

for primary school

新スペース「BIBLIO」2階に、小・中学生コースの新たな個別・講義指導スペースを開設しました。

 

□ 個別指導クラス…大学図書館の「Learning commons(ラーニングコモンズ)」のような開放的な学習空間を用意しました。円卓の机で講師に質問しやすい環境となっています。

□ 講義指導クラス…2階奥の講義教室で行います。壁一面のホワイトボード、プロジェクターを常設しておりますので、よりグループ学習の行いやすい空間となっています。

 

また、自学自習につきましては「BIBLIO 2階」「本館 4階自習室」をご利用ください。

 

 ⚫︎ BIBLIO 2 【 平日 15:0021:00 】

 

 ⚫︎ 本館 4階自習室 【 土日 8:3022:00 】

 

今後もお子様にとって良い学習空間・学習内容の提供に努めます。よろしくお願いいたします。

「こくご」の力

 

教科書を読む、授業を聞き理解する、自分の考えを表す、いずれの行為も「こくご」の力が必要です。教科としての国語ではなく「こくご」、濱川学院では、「論理力・読解力・思考力」の三つを統合する力をそう呼びます。

 

中学・高校とこれから専門性も難易度も上がっていきますが、本質的な力、つまり「論理力・読解力・思考力」を早い時期に身につけておくことが、今後の学問に大きく影響します。

好奇心とは偶然のもの

 

銀行員であった父の本棚に「ハムの本」というものがありました。僕の連想したものは、もちろん「ハム」、特に気にもとめずにいた小学6年のある日、何気なくその本を手に取りページを開いてみました。すると、その中に書いてあったのは、どのページも「物理公式」でした。つまり、「ハム」とは「ハム(アマチュア無線)」のことでした。それ以来、銀行員ではなく科学の師匠として尊敬しはじめ、簡易なラジオやロボットの工作にのめり込みました。

 

エントランスにある1,500冊の蔵書はすべて、これまでに僕が読んできた本です。好奇心、それは偶然から生まれるものでもあります。授業の前後を問わず、難しそうな本のページもぜひ開いてみてください。きっと、そこには自分の知らない世界が無限に広がっています。それが、いつか、将来の「なりたい自分」につながっていくと思います。    


個人面談、体験申し込みなど、その他の詳細につきましては、お問い合わせフォームよりご連絡ください。


Time to Realize a lifelong dream.

時をかけ、人生の夢を叶えるために