リベラルアーツ講座

教育改革で求められるもの

2020年度から実施される教育改革(高大接続改革)に伴い、新テスト「大学入学共通テスト」が始まります。

「様々な資料を多面的に分析し推論・仮説を立て記述する」という、これまでの試験形式を一新した、より深層的な思考力・判断力・実行力が試されるものです。


教科の枠組みを超えた思考力

「教科書では学習しない」内容を前提とした新テスト、必要なのは、教科の枠組みを超え、複層的な視点で世界を見ることに他なりません。

そこで必要なのが「リベラルアーツ」言い換えれば「教養科目」というものです。

新テストが導入される前段階から、各大学の出題傾向は徐々に方向転換をはじめており、リベラルアーツ分野の思考問題が多く見られるようになっています。


濱川学院では年に数回、各分野の専門家をお招きして、全生徒対象に「リベラルアーツ講座」を実施します。

「好奇心」つまり、未知の世界の知識を得るときに生み出される意識、それこそが本当の「教育」であると考えます。


第1回 リベラルアーツ講座 〜自然写真家 伊沢正名さん〜

[日時]2017年11月5日(日)

[場所]瓦町FLAG 8F IKODE瓦町 大会議室

 

普段僕たちの見えない所でこの自然環境を支えている、縁の下の力持ち、それが「菌類・きのこ」。
菌類・隠花植物(キノコ・コケ・変形菌等)の写真家として長年第一線で活躍されてきた伊沢正名さんをお招きして、特別講演会を行いました。

自然環境の保護、その時、僕たち人間は「植物・動物」をイメージします。でも、その植物(生産者)、動物(消費者)が存在できるのは、菌類・きのこ(分解者)の生み出す無機物があってこそ、初めて成り立ちます。伊沢さんが長年にわたり、森の中で写真家としての活動し行き着いたのは「循環を取り戻すこと」、つまり「循環と共生」というサイクルこそが本当の自然環境保護なのだ、伊沢さんが長年撮りためた数々のとても美しい写真作品とともに講演していただきました。

第2回 リベラルアーツ講座   「Contemporary Art / What is this? 〜現代アート、何だこれ?〜」

[日時]2017年11月23日(祝)

[場所]濱川学院 4F大教室

 

公益財団法人砂原児童基金の事務局におられる高田夕季さんをお招きして、現代アート鑑賞についての講義・ワークショップを行いました。

アートカードを使ったワークショップを通じて、現代芸術における「自由」の意味を体感し、それぞれ独自の感性を皆が共有しました。

①現代アート鑑賞を通じて、他人の目を通して世界を見るのではなく「自分の見方・考え方」をする訓練をする

②知識を得るだけで完結する人間ではなく、物事から直接感じ取ったイメージを広げることができ、新しいアイデアを生み出す人材になる

③「同じものを見ていても、一人一人違う世界を見ている」ことに気づき、多様化する社会でどう生きるかのヒントになる

学校教育で受けた芸術の授業とは全く異なるアプローチで行われたこの講義、生徒たちの受講後の表情がとても晴れ晴れとしていました。

Time to Realize a lifelong dream.

時をかけ、人生の夢を叶えるために

濱川学院 〜Hammer Academy〜

〒760-0054 香川県高松市常盤町1丁目4-9 丸新ビル4・5階(5階受付)

Email: trhammer@hamakawagakuin.com

Tel: (087) 880-5728